プライオリティ・パスが付いたクレジットカードの年会費を徹底比較!

クレジットカード

空港での待ち時間、混雑したロビーで過ごすのはつらいですよね。そんなときに便利なのが、プライオリティ・パスです。プライオリティ・パスがあれば、世界中の空港ラウンジで快適な時間を過ごせます。しかし、どのクレジットカードを選べばいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。

プライオリティ・パス付きのクレジットカードはたくさんありますが、年会費や特典内容はカードによって異なります。この記事では、プライオリティ・パス付きのクレジットカードを年会費で比較し、あなたに最適なカードを見つけるお手伝いをします。

それでは、さっそく見ていきましょう!

プライオリティ・パスとは?

プライオリティ・パスは、世界中の空港ラウンジを利用できる会員制サービスです。通常は高級クレジットカードの特典として付帯されており、会員は混雑した空港でゆったりとした時間を過ごせるラウンジアクセスを楽しめます。ビジネスや観光で頻繁に旅行する人にとって、プライオリティ・パスは非常に便利な特典です。特に、食事やドリンクの提供、Wi-Fiサービス、シャワー設備などが利用できるため、長時間の待ち時間を快適に過ごすことができます。

プライオリティ・パスの基本情報

プライオリティ・パスは、世界中の1300以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。メンバーシップには3つのプランがあり、スタンダード、スタンダードプラス、プレステージの3種類から選べます。以下に各ステージごとの詳細を記載します。プライオリティ・パスは、ビジネスや観光で多くの旅行をする人々にとって、便利でコストパフォーマンスの良いサービスとなっています。

1.スタンダード(Standard)

  • 概要: 最も基本的な会員プランです。
  • 年会費: 一般的には低価格(99ドル)です。
  • ラウンジ利用料金: ラウンジ利用時には別途料金が発生します。利用ごとに定額の料金を支払う必要があります。

2.スタンダード・プラス(Standard Plus)

  • 概要: スタンダードプランにいくつかの無料ラウンジ利用が追加されたプランです。
  • 年会費: スタンダードプランより高いが、プレミアムプランよりは安価です(329ドル)。
  • ラウンジ利用料金: 一定数の無料利用が付与されており、無料利用回数を超えると、利用ごとに定額の料金が発生します。
  • 特典: 無料利用回数が設定されているため、頻繁に旅行するが、毎回ラウンジを利用するわけではない人に適しています。

3.プレステージ(Prestige)

  • 概要: 最も高いグレードの会員プランです。
  • 年会費: 最も高額です(469ドル)。
  • ラウンジ利用料金: 年会費にラウンジ利用料金が含まれており、無制限でラウンジを利用できます。
  • 特典: 頻繁に旅行し、毎回ラウンジを利用する人にとって最もお得なプランです。

各プランの具体的な料金や特典は変更されることがあるため、最新情報は公式ウェブサイトで確認することをお勧めします。

プライオリティ・パスで利用できるラウンジ

プライオリティ・パスの会員になると、世界中の主要空港で利用できるラウンジにアクセスできます。ラウンジは、食事やドリンクのサービス、Wi-Fi、シャワー設備、リラックスできる座席など、旅行者のニーズに合わせた設備が整っています。以下は、プライオリティ・パスで利用できる代表的なラウンジの一部です。

  • プラザプレミアムラウンジ:アジア、ヨーロッパ、北米の主要空港に展開。食事、ドリンク、シャワー設備を完備。
  • ラウンジキー:アメリカやヨーロッパを中心に多くの空港で利用可能。ビジネスエリアや会議室も備えている。
  • スカイチームラウンジ:スカイチーム加盟航空会社が運営するラウンジ。充実した食事メニューと快適な座席が魅力。

これらのラウンジを利用することで、空港での待ち時間を快適に過ごすことができます。

プライオリティ・パス付きクレジットカードの年会費比較

プライオリティ・パスが付帯するクレジットカードの年会費は、カードによって大きく異なります。以下に、代表的なクレジットカードとその年会費を表にまとめました。これを参考に、自分に合ったカードを選びましょう。

クレジットカード名年会費(税込)会員グレード
楽天プレミアムカード11,000円プレステージ
アメックス・プラチナカード143,000円プレステージ
三井住友カード プラチナ55,000円プレステージ
UCプラチナカード22,000円スタンダード・プラス
JCBゴールド・プレミア16,500円プレステージ
JCBプラチナ27,500円プレステージ
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード22,000円プレステージ
ダイナースクラブカード24,200円プレステージ
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード22,000円スタンダード・プラス

このように、年会費や特典内容を比較して、自分の旅行スタイルに合ったクレジットカードを選ぶことが重要です。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、年会費11,000円(税込)でプライオリティ・パスのプレステージ会員資格が付帯する非常にお得なクレジットカードです。プレステージ会員資格により、世界中の空港ラウンジを無制限に利用できます。さらに、楽天市場でのポイント還元率が高く、楽天トラベルでの特典も充実しているため、楽天サービスをよく利用する方には特におすすめです。

項目詳細
年会費11,000円(税込)
プライオリティ・パスプレステージ会員(無制限利用)
ポイント還元率楽天市場で最大5倍のポイント
その他の特典楽天トラベルでの特別割引、旅行保険、ショッピング保険

アメックス・プラチナカード

アメックス・プラチナカードは、年会費143,000円(税込)と高額ですが、その分充実した特典が多数付帯しています。プライオリティ・パスのプレステージ会員資格が付帯し、世界中の空港ラウンジを無制限に利用できるのはもちろん、旅行保険やコンシェルジュサービス、ホテルの優待特典など、幅広いサービスを提供しています。特に旅行や出張が多い方には非常におすすめのクレジットカードです。

項目詳細
年会費143,000円(税込)
プライオリティ・パスプレステージ会員(無制限利用)
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大3%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、コンシェルジュサービス、ホテル優待特典

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナは、年会費55,000円(税込)でプライオリティ・パスの無制限利用が付帯するクレジットカードです。無制限にラウンジを利用できるため、頻繁に海外旅行をする方にとって非常に便利です。また、三井住友カードならではの充実した特典やサービスも魅力的です。

項目詳細
年会費55,000円(税込)
プライオリティ・パス無制限利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大2%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、コンシェルジュサービス

UCプラチナカード

UCプラチナカードは、年会費22,000円(税込)でプライオリティ・パスが付帯するクレジットカードです。このカードでは、プライオリティ・パスを利用して年6回まで無料でラウンジを利用できます。また、旅行保険やショッピング保険も充実しており、旅行やショッピングを楽しむ方にとって魅力的な特典が揃っています。

項目詳細
年会費22,000円(税込)
プライオリティ・パス年6回まで無料利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大3%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、コンシェルジュサービス

JCBゴールド・プレミア

JCBゴールド・プレミアは、年会費16,500円(税込)でプライオリティ・パスが付帯するクレジットカードです。このカードでは、プライオリティ・パスを利用して無制限でラウンジを利用できます。さらに、JCBならではの特典として、国内外の様々な優待サービスや旅行保険も充実しています。加えてJCBゴールド・プレミアは年100万円利用で翌年の年会費11,000円になるので楽天プレミアムカードと同じ年会費になります。

項目詳細
年会費16,500円(税込)※年100万円利用で翌年の年会費11,000円
プライオリティ・パス無制限利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大2%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、国内外の優待サービス

JCBプラチナ

JCBプラチナは、年会費27,500円(税込)でプライオリティ・パスの無制限利用が付帯するクレジットカードです。無制限にラウンジを利用できるため、頻繁に海外旅行をする方にとって非常に便利です。さらに、JCBプラチナならではの豊富な特典やサービスも魅力的です。

項目詳細
年会費27,500円(税込)
プライオリティ・パス無制限利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大2%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、コンシェルジュサービス

アメックス・プラチナカード

アメックス・プラチナカードは、年会費143,000円(税込)でプライオリティ・パスの無制限利用が付帯する非常に高級なクレジットカードです。豊富な特典とサービスが充実しており、コンシェルジュサービス、ホテルの優待特典、旅行保険などが利用できます。

項目詳細
年会費143,000円(税込)
プライオリティ・パス無制限利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大3%
その他の特典コンシェルジュサービス、ホテル優待、旅行保険

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費22,000円(税込)でプライオリティ・パスの無制限利用が付帯するクレジットカードです。旅行保険やショッピング保険、コンシェルジュサービスなどが充実しています。

項目詳細
年会費22,000円(税込)
プライオリティ・パス無制限利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大2%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、コンシェルジュサービス

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは、年会費24,200円(税込)でプライオリティ・パスの無制限利用が付帯するクレジットカードです。世界中の空港ラウンジが利用できるほか、豊富な旅行保険やショッピング保険が魅力です。

項目詳細
年会費24,200円(税込)
プライオリティ・パス無制限利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大2%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、国内外の優待サービス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費22,000円(税込)でプライオリティ・パスが付帯するクレジットカードです。このカードでは、プライオリティ・パスを利用して年10回まで無料でラウンジを利用できます。また、国内外の優待サービスや旅行保険も充実しています。

項目詳細
年会費22,000円(税込)
プライオリティ・パス年10回まで無料利用
ポイント還元率一般利用で1%、特定店舗で最大2%
その他の特典旅行保険、ショッピング保険、国内外の優待サービス

コスパの良いプライオリティ・パス付きクレジットカード

プライオリティ・パス付きクレジットカードを選ぶ際には、年会費、特典内容、自分の旅行頻度や利用スタイルを考慮することが重要です。年会費が安いカードはコストパフォーマンスが高く、頻繁に旅行する方には無制限利用ができるカードが便利です。その場合は、楽天プレミアムカードJCBゴールド・プレミアのどちらかになると思います

楽天プレミアムカード

  • 年会費:1万円(税抜)
  • 家族カード年会費:5000円(税抜)
  • プライオリティ・パス同伴者料金:1人につき3000円(税抜)

JCBゴールド ザ・プレミア

  • 年会費:1万円(税抜)+5000円(サービス年会費、税抜)
  • 家族カード:1名まで無料
  • 年間利用額100万円以上でサービス年会費(5000円、税抜)が無料
  • プライオリティ・パス同伴者料金:1人につき2000円(税抜)

どちらの方が優れているか

それぞれのカードの特徴を比べると、楽天プレミアムカードは年会費が安いが、同伴者料金が高くなり、JCBゴールド ザ・プレミアは年間100万円利用の条件達成で楽天プレミアムカードよりお得になります。

実質的な年会費比較

  • 楽天プレミアムカードJCBゴールド ザ・プレミアの年会費は、家族カードを含めると実質的に同じ(1万5000円、税抜)。
  • 年間利用額100万円以上の場合、JCBゴールド ザ・プレミアのほうが5000円(税抜)安くなる。

プライオリティ・パス同伴者料金

  • 楽天プレミアムカード:1人につき3000円(税抜)
  • JCBゴールド ザ・プレミア:1人につき2000円(税抜)

プライオリティ・パスの使い方と注意点

プライオリティ・パスを使う際には、いくつかの注意点があります。まず、利用する前にラウンジの場所と利用可能なサービスを確認することが大切です。また、ラウンジによっては利用時間やサービス内容に制限がある場合があります。さらに、同行者がいる場合には、追加料金がかかることがあるため、事前に確認しておくと安心です。

プライオリティ・パスの申請方法

プライオリティ・パスの申請方法は、クレジットカードの発行会社によって異なりますが、基本的には以下の手順で申請できます。

  1. クレジットカードの申込み:プライオリティ・パスが付帯しているクレジットカードを申込みます。
  2. プライオリティ・パスの登録:カード発行後、プライオリティ・パスの公式サイトで会員登録を行います。
  3. 会員証の受け取り:登録後、会員証が郵送されてきます。これでラウンジの利用が可能になります。

申請手続きは簡単ですが、カード発行から会員証の受け取りまでに時間がかかることがありますので、余裕を持って申請することをおすすめします。

プライオリティ・パスの使い方

プライオリティ・パスの使い方はシンプルです。以下の手順で利用できます。

  1. ラウンジの確認:出発前にプライオリティ・パスの公式サイトやアプリで利用できるラウンジを確認します。
  2. 会員証の提示:ラウンジの受付でプライオリティ・パスの会員証を提示します。
  3. ラウンジの利用:食事やドリンク、Wi-Fiなど、ラウンジのサービスを自由に利用します。

ラウンジの利用に際しては、混雑状況によって入場制限がかかることがありますので、早めに到着することをおすすめします。

プライオリティ・パスのメリットとデメリット

プライオリティ・パスには、さまざまなメリットとデメリットがあります。以下に、主なメリットとデメリットをリストアップしました。

メリット

  • 世界中の空港ラウンジを利用できる
  • 食事やドリンク、Wi-Fiなどのサービスが充実
  • 混雑した空港で快適に過ごせる

デメリット

  • 年会費が高い場合がある
  • ラウンジによっては利用時間やサービス内容に制限がある
  • 同行者の追加料金がかかる場合がある

これらを考慮して、自分の旅行スタイルに合ったプライオリティ・パス付きクレジットカードを選びましょう。

まとめ

今回の記事では、プライオリティ・パスが付いたクレジットカードの年会費を徹底比較しました。以下に要点をまとめます。

  • プライオリティ・パスの基本情報:世界中の空港ラウンジを利用できる会員制サービス。
  • プライオリティ・パス付きクレジットカードの年会費比較:各カードの年会費と特典内容を表にまとめて比較。
  • 代表的なカードの紹介:楽天プレミアムカードとUCプラチナカード等の特典内容を解説。
  • カード選びのポイント:コスパを重視した選び方。

この記事を参考に、あなたに最適なプライオリティ・パス付きクレジットカードを見つけて、空港での待ち時間を快適に過ごしましょう。

ゆあたそ

投資歴10年。社会人兼業の投資家です。有価証券で約3,000万円、不動産投資は1棟4室を運用。資産運用の他にメルカリ物販事業の拡大に挑戦中。

株式投資や不動産投資の経験を活かし、お金の悩みを抱える方々の支えとなれるよう活動しています。

ゆあたそをフォローする
クレジットカード節約術
ゆあたそをフォローする
ゆあたその資産形成ブログ
タイトルとURLをコピーしました