JR東日本が提案する新しい旅の形『どこかにビューーン!』の魅力とは?

節約術

皆さんは「どこかにビューーン!」という言葉を聞いたことがありますか?これはJR東日本が提案する、新しい形の旅行プランです。目的地を知らされずに旅行するというワクワクするような体験を提供してくれます。しかし、このプランを利用しようと考えた時、多くの疑問が浮かぶかもしれません。「本当に楽しめるの?」「予約は複雑ではないの?」「料金はリーズナブルなの?」といった具体的な疑問に、この記事で詳しく解説していきます。

このプランは、サプライズを楽しむことを主眼に置いており、日常からの小さな脱出を提供します。利用者の生の声や体験談を交えながら、皆さんがこの旅行プランを最大限に楽しむためのポイントをお伝えします。読み進めることで、「どこかにビューーン!」の全貌が明らかになり、あなたもきっと旅立ちたくなるはずです。

『どこかにビューーン!』って何?サービスの特徴と利用した感想

「どこかにビューーン!」は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)が提供するJRE POINTによって実質5000円または6000円で、「どこか」に行く新幹線指定席の往復チケットが利用できるサービスです。

どこかにビューンの特徴

「どこかにビューーン!」のサービスは、行き先を自由に選べないことが特徴です。このサービスを利用する際は、発着駅や日付、時間帯を指定してWebサイトで検索します。その結果、JR東日本エリア内の新幹線駅(一部除く)から4つの目的地候補が提示され、その中から選択する仕組みです。

提示された各行き先には、観光スポットや名物料理などの情報も紹介されるので、思いがけない発見や新たな旅行の楽しみが見つかるかもしれません。

もし提示された行き先に魅力を感じなければ、検索を再度行うことができますが、1日にできる再検索の回数には制限があります。さらに、このサービスは最大6人までのグループでの申し込みが可能であり、友人や家族との旅行にも便利です。

利用した感想

実際に「どこかにビューーン!」を体験した感想としては、コスパが良い!の一言につきます。事前に行先は決められませんが、行先が決まった後に旅行プランを決めることができますので、充分に旅行を楽しめます。皆さんも一度体験してみる価値があるを思います。

利用方法ガイド:予約から旅行までの全ステップ

「どこかにビューーン!」の予約プロセスは非常にシンプルです。JR東日本の公式ウェブサイトまたは専用アプリを通じて、希望する日付と出発駅を選んで予約します。このプランの特徴は、予約後、目的地が明かされない点にあります。

オンラインでの予約方法

「どこかにビューーン!」の利用にはえきねっとの登録が必要です。未登録の方はここから登録しましょう。

出発日の21日前から申込ができ、1人当たりJREポイント5,000P~6,000P(出発駅による)で往復の指定席にて移動できます。

JR東日本管内の新幹線駅4つの中からランダムで決まった1駅が行き先となります。違うところになった場合は、行きたい候補地が出てくるまで再検索できます!(回数制限あり)

行先が確定したときにメールが届きますので、当日使用するICカードを紐づけましょう。

出典:JR東日本-どこかにビューーン!公式HP

当日の流れ:駅でのチェックインから帰りの手続きまで

当日は事前に紐づけたICカードを持って、指定した駅に行きましょう。万が一指定の列車に乗り遅れてしまった場合、当日限りで後続車の自由席か立ち席を利用できます。

コストパフォーマンス:『どこかにビューーン!』の料金と価値

「どこかにビューーン!」の料金体系は、目的地の距離と季節によって異なりますが、一般的には非常に手頃です。このユニークな旅行体験のコストパフォーマンスを考えると、日常を忘れる新鮮な体験を提供する点で非常に価値があります。

どのようなプランがあるのか?

「どこかにビューーン!」のサービスでは、利用可能な出発駅が現在7駅あります。往路の出発駅として指定できるのは東京、上野、大宮、仙台、盛岡、新潟、長野駅です。

特に仙台、盛岡、新潟、長野駅からの出発では東京駅も行き先の候補に含まれるため、これらの駅から東京方面へお得に旅行するチャンスが増えました。

出発駅によって必要なポイント数は異なり、東京、上野、大宮駅では6,000P、仙台、盛岡、新潟、長野駅では5,000Pが必要です。

通常料金との比較

「どこかにビューーン!」を利用すると、各地への旅行がお得になる例を、さらに詳しく拡張してみましょう。東京駅からの往復料金を、新青森、秋田、山形、仙台、長野、新潟、越後湯沢への区間も含めて比較します。

区間通常の切符料金どこかにビューーン!割引率
東京 ⇔ 新青森36,140円6,000P (実質6,000円)83.4%
東京 ⇔ 秋田28,340円6,000P (実質6,000円)78.8%
東京 ⇔ 山形24,500円6,000P (実質6,000円)75.5%
東京 ⇔ 仙台20,160円6,000P (実質6,000円)70.2%
東京 ⇔ 長野16,800円6,000P (実質6,000円)64.3%
東京 ⇔ 新潟20,380円6,000P (実質6,000円)70.5%
東京 ⇔ 越後湯沢14,500円6,000P (実質6,000円)58.6%

この表からもわかるように、どこかにビューーン!を利用することで、通常の切符やJREポイント交換よりも大幅にコストを抑えることができます。特に遠方への旅行ほど割引率が高くなる傾向にあります。これは、一定のポイントでどの目的地にも行けるため、長距離の旅行で特にその価値が見られます。


この記事で紹介したJR東日本の「どこかにビューーン!」の魅力

本記事では、JR東日本が提案するユニークな旅行プラン「どこかにビューーン!」の詳細を解説しました。このプランのサプライズ性、予約方法、コストパフォーマンス等の魅力をご紹介しました。

  • 主要なポイントをまとめるリスト:
    • サプライズ性溢れる目的地選定
    • えきねっとで簡単予約システム
    • 価値ある料金設定
    • 家族やカップル、友人同士での貴重な体験談

「どこかにビューーン!」を体験してみたい方は、今すぐJR東日本の公式ウェブサイトを訪れ、詳細を確認し、自分自身の冒険を予約しましょう。新しい旅の形を通じて、日常からの小さな逃避行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ゆあたそ

会社員兼投資家で、株式投資や不動産投資等の投資経験の記録を兼ねながら皆さんと共有するためにブログを始めました。

ゆあたそをフォローする
節約術
ゆあたそをフォローする
ゆあたその資産形成ブログ
タイトルとURLをコピーしました